アイアクトクリームの眼瞼痙攣への口コミや効果は?最安値販売店も調査

アイアクトクリームの眼瞼痙攣への口コミや効果は?最安値販売店も調査

アイアクト アイアクトと顔面神経麻痺

アイアクトクリームは顔面神経麻痺に良い効果はあるのか?

更新日:

顔面神経麻痺は、顔を動かす表情筋に「動かせ」という指令が入ってこないために、表情筋が動かなくなります。

その結果、顔面が動かなくなる症状です。

顔面神経麻痺の症状と原因は何か、治療方法はあるのか、そして「アイアクトクリーム」に良くなるような効果は期待できるのか、について見ていきます。

顔面神経麻痺の症状と原因について

顔の表情筋はたくさんあります(20個以上)ので、顔面神経麻痺の範囲によって様々な症状があります。

よく言われるのは、「眼が閉じにくい」「顔がゆがむ」「口角が下がったまま」「水や食べ物が口からこぼれる」などがあります。

顔の表情筋の麻痺だけでなく、味覚や聴覚の障害、涙や唾液が出にくいといった症状もあります。

顔面神経麻痺の原因ですが、症状の現れ方によって原因が違います。

昨日は何でもなかったのに、朝起きたら顔が動かなくなっているとか、気づいたら顔がゆがんでいたという場合はウイルスが顔面神経に感染して起こる麻痺が考えられます。

また、脳卒中でも顔面神経麻痺が起こるケースが見られますが、意識障害や頭痛、呂律が回らないなどを併発するのでこの場合は救急車で病院へ行くようにしましょう。

顔面の外科手術の後やケガをした後にも顔面神経麻痺が出ることがあります。

その他に、神経や血管の病気で顔面神経に何らかの障害が出ることや、生まれつき麻痺が見られるケースがあります。

顔面神経麻痺の治療方法について

顔面神経麻痺は原因が特定されたらそれを取り除くことで症状が改善されます。

しかし、顔面神経が傷ついてしまった場合や脳卒中などでは後遺症として麻痺が残ることがあります。

リハビリなどを行うことで、ある程度の回復が見込めますので医師と相談しながら治療を進めていくと良いでしょう。

外科手術やケガの後の顔面神経麻痺は、顔面神経を再建する手術ができる場合があります。

軽い顔面神経麻痺の場合、アイアクトという瞼用クリームで治療できるかどうかですが、残念ながらアイアクトでは顔面神経麻痺は治療できません。

なぜアイアクトで治療できないのか

アイアクトは瞼用のクリームで、瞼がピクピクするといった症状に悩む人に向いています。

顔面神経麻痺でも初期症状は瞼のけいれんがありますが、原因が全く違います。

瞼がピクピクする眼瞼痙攣は疲れが溜まった時やストレスを感じた時に起こるものですが、顔面神経麻痺はウイルス感染や脳卒中、顔面のケガ、神経や血管の病気などが原因で起こるものなのです。

その根本的なものを治療しないと顔面神経麻痺は治りません。

アイアクトクリームを塗るだけでは治らないのです。

顔面神経麻痺と診断された場合は、アイアクトでは治療できませんので病院で医師の指示に従って治療を行うようにしましょう。

早期に発見できた場合は治癒する可能性が高いので、専門的な治療を受けるようにしましょう

顔面神経麻痺は放置していて自然治癒するものではありません。アイアクトを使っても良い効果はみられませんので、早急に病院に行くようにしましょう。

-アイアクト, アイアクトと顔面神経麻痺
-, ,

Copyright© アイアクトクリームの眼瞼痙攣への口コミや効果は?最安値販売店も調査 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.